電話:0120-72-1010(通話無料) 平日10時~19時(土日、祝祭日休) メール:info@shufure.com(24時間対応)

子育て世代を応援する子育て応援隊募集中

現代の子育て事情①

現代は便利なものにあふれているから「その分育児も楽になったのでは?」なんて、安易に考えていませんか?

少子化のいま、こどもへの目は厳しく、こどもを育てている親への目はもっと厳しくなってます。

そして、社会情勢の変化から本来育児の強力な助っ人になるべくおばあちゃんも現役で働いている時代!

子育ての負担は両親の肩に重くのしかかっているのです。

そんな状況を見て、約85%の未婚の男女が「今の社会でこどもをつくる」ことに不安を感じているのです(参考文献:週間SPAアンケート)

私たちの活動その①

「こどもをつくるのが怖い社会」あなたはどう思いますか?
わたしたちは、こどもをうみ育てることを楽しみにできる社会を目指し活動しています。

 

現代の子育て事情②

2016年当協会では、子育て中のママを対象に「いま子育てに不安はある?」という質問を行いました。
その結果約6割のママが不安を抱えながら育児をしていることがわかりました。

わたしたちの活動 その②
不安はときに心のゆとりをなくし笑顔を奪います。
母親の無知は家族の健康を損ない、父親の無知は家族の貧困をうみだすともいわれています。
当協会では、子育て世代の不安を解消し、つながりをつくる場を創出する活動を行っています。

 

現代の子育て事情③

年々増え続ける児童虐待1週間に1人の子どもが命を落としていることをご存じですか?
約6割の虐待が実母によるものだっという悲しい現状をご存じですか?
参考文献:NPO法人 児童虐待防止全国ネットワーク 
私たちの活動 その③

「幼いこどもに手をあげるなんて、ひどい言葉を浴びせるなんて信じられない!人間失格だわ、理解できない」というお声をたくさん耳にします。
 でもね、孤独や不安が続き、いっぱいいっぱいになり冷静な判断ができなくなってしまうときって誰にでもあることだと思うのです。
そんな時にグッとこらえるにはどうしたらいいのでしょうか、わたしたちは子育て世代がいっぱいいっぱいにならないようサポート体制を考える活動を行います。

あなたも私たちの活動に参加しませんか?

 

 

老若男女、子育て世代を応援する気持ちのある方ならどなたでも大歓迎です。

 

応援方法(会費 月々1000円から応援できます)

応援方法は多種多様です。
無理なくできる方法で応援ください。

【定期的な支援金で応援する】

 

上記をクリックいただくことで毎月1000円
自動的に子育て支援金が寄与されます。

【収益の一部を支援金に充当する】

得意や好きなことで起業している方
お教室の収益の一部を当協会へ寄付しませんか?
ご寄付いただいているお教室は、子育て応援教室
として当協会にてご紹介させていただきます。

【イベントに参加する】

協会イベントの料金設定は2種類
一般価格の一部は子育て支援金に充当されます

【物を寄付する】

当協会のイベントを通して
子育てママの日常がらくに楽しくなるような
グッズを案内しませんか?調理器具などは
イベントで使用しているところを記事として
ご紹介させていただきます。

【活動場所を提供する】

 

子育て世代の居場所づくりを目的とした
様々な企画で使用で切る場所をご提供
してくださる方を大募集。

【イベントを手伝う】

イベントの企画、当日の受付、設営など
安全なイベントを運営するにはひとりでも
多くの協力者が必要です。今後子育てママを
応援する活動をしてみたい方などはよい経験に
なること間違いなしです。

【スキルを提供する】

子育て世代、後世へ残していきたい
スキルなどを当協会を通じてママたちへ
お伝えしませんか?

【仕事を依頼する】

 

ママ向けアンケート、座談会、イベントの
ディレクション承ります。

【バナー広告を出す】

子育て応援企業として当協会にバナーを
貼りませんか?宣伝しながら子育て支援が
できる画期的な取組です。

【広報活動を手伝う】

孤独な育児をしているママにも活動が
届くように、皆さんのお力をお貸しください。

【記事を書く】

子育て中のママへ有益な情報を提供をする
ためにご協力いただけるライターさんを募集中

【取材をうけたい】

企業理念など単にサービスの情報だけではなく
その商品やサービスが生まれた背景などをお聞きし
ファンが増える貴社の紹介ページを制作します。

その他「こんなことならできるけれど」ということがあればぜひご提案ください。

活動報告

2017年度は 毎月第1・水曜日 ※第1水曜日が祝祭日の場合は翌週)

4/5 5/10 6/7 7/5 8/2 9/6 10/4 11/1 12/6)
※終了した日程をクリックすると開催報告をご覧になれます。

〇10-12 協会からの活動報告及び会員同士のディスカッション

※会員外の方でも、当協会の活動に興味をもち、どんなことをしているのか覗いてみたい方は無料でお試しさんかしていただけます(1回のみ)

 

一人の力は小さいけれど、みんなの力を合わせれば色々なことができます。
「子育て世代を応援する」というテーマに基づき、みんなで月1回運営会議にて活動内容を決めていきます。

 

 

 

過去の活動

2017年度

ありがとう会員対象
定期掲載|くらしの豆知識担当

横浜の育児をもっと楽しく!ママがつくるママのための
フリーマガジンはぴはぴ

(2016年より引き続き担当1、4、7、10月発行)

制作|大手企業からのご依頼
ママになったら知っておきたいお金の基礎

ママがママのために制作。
先輩ママのリアルな声を徹底的にヒアリングして制作しました。こどもあるあるなど共感していただける内容が盛りだくさんです。

ありがとう会員対象
電子書籍出版|年2回発行

Amazon売れ筋ランキング
クッキングレシピ部門 1位
妊娠、出産子育て部門  1位

親子フェスタ開催(年2回開催)

ドローン操縦・お餅つき、野菜収穫体験
焚火やバーベキューなど、おとなもこどももそれぞれが楽しめたと大反響でした。

2017年1月7日

学べるママ交流会(月2回開催)
同じ年頃の子を持つママが集まり
ママは学びとつながりと寛ぎを
こどもは、保育者常駐の遊び場で遊び
つくす!そんな集まりです。
※写真は1、2歳児とママの会

学べるママ交流会
同じ年頃の子を持つママが集まり
ママは学びとつながりと寛ぎを
こどもは、保育者常駐の遊び場で遊び
つくす!そんな集まりです。
※写真は3歳、4児とママの会

学べるママ交流会

同じ年頃の子を持つママが集まり
ママは学びとつながりと寛ぎを
こどもは、保育者常駐の遊び場で遊び
つくす!そんな集まりです。
※写真は0歳児とママの会

 

 

 

2016年度

ママ向け講座開催
常備菜のキホン

WIN_20150918_103330 なぜ作った物がひもちするのかなど
 基本を学びながらにしながら常備菜数品
を作りました。

 ありがとう会員向け
ママにお勧めしたい商品の選定会

12182340_553379371480029_1870545479_n

オーガニック食品について学ぶ試食会を
行いました。
協賛:大地宅配

ありがとう会員向け
特技のシェア会
 

CIMG0398

メンバー同士で特技をシェア!
「うちのお教室でこれやって」などの
コラボが生まれることもあります

ありがとう会員向け
 メンバーの活動応援

CIMG0049
   ありがとう会員(チームシュフレ)の松本美佐さんが開発した小さなお教室の庶務を簡略化するアプリtetocoお披露目会へ!仲間通しの結束も強いです

 ありがとう会員向け
新メニューの試作会
CIMG0365
 普段お料理教室を開催している先生たちが
 限られた食材だけを使用して
新作メニューを考えます。
協賛:大地宅配

ありがとう会員向け
大人の遠足

14796195_1146246025454903_2082619002_o

 気になってはいるけれど一人では行きにくい
そんな場所へ潜入!料理研究家の下を唸らせる秘密のちゃぶ台cafeに潜入しました。 

 

ありがとう会員向け
大人の遠足

14808724_1152091928203646_285530520_o
 協賛:海の精

ありがとう会員活動
受託事業|女性の昼活|全3回実施

kHVBQU40X2hAiOO1435872270_1435872381
受託先|株式会社ケイエスピー 

   

ママ向け講座
家計管理上手になるお茶会

文字|花文字じゅんこ。作


 

受託事業|cafe新メニュー考案研修

staff1

ありがとう会員向け
自主開催のお教室で開催
オーガニック野菜の試食会
13393222_900560810072519_1432159487_n
 

協賛:大地宅配

 

ありがとう会員向け
便利な調理器具の使用レポ

_s__11739142

執筆した記事は1.6万view越えでした。
受託先託先 qufour

  

ママ向け講座
プロに学ぶ|お弁当のイロハ

2015年 

ママ向け講座
マタニティー&ベビーフェスタ2015
離乳食講座担当

ママ向け講座
子どもの好き嫌いを克服する
魔法の調味料つくり(果実酢)

foodpic5790689-300x225

ママ向け講座
「働く女性のための昼活」


ライフコミュニケーション山崎洋実氏による
「自分とうまくつきあうコミュニケーション術」

ママ向け講座
「働く女性のための昼活」