セルフチェック会について

はじめよう!ブレストアウェアネス!乳がん啓発運動指導士のわたしたちが、自宅でしっかりとセルフチェックできるように丁寧に教えます。

ブレストアウェアネスとは ⼀⼈⼀⼈が⾃分の乳房の状態に⽇ごろから関心を持って意識をして生活する習慣のことです。

乳がんの約半分は検診でみつかり、 約半分は⾃己触診など ⾃分で何らかの症状を⾃覚して みつかります。

乳がん啓発運動指導士
上田 奈緒美 さん

青山商事株式会社にて勤務。 2018年に34歳で乳がんに罹患し、抗がん剤治療、手術、放射線治療を行う。 1年半の治療を経て、自分と同じ経験をする方を減らしたい、乳がんの知識を広めたり検診受診率を上げたいという想いから、ピンクリボンアドバイザー初級と乳がん啓発運動指導士の資格を取得。現在、乳がん予防医学推進協会の理事として、ラジオ「検診行っとかNight」のパーソナリティを務めている。 毎週月曜 調布FM19:30〜19:45

乳がん啓発運動指導士
野澤 亜樹さん

診療放射線技師大学病院で約10年間勤務後、フリーの技師として乳がん検診業務に携わりつつ、神奈川県内の病院で勤務中。検診マンモグラフィ撮影、精度管理認定(A認定)技師。乳がん啓発運指導士。マンモグラフィ撮影件数は4万件以上。放射線技師歴21年目。

一般社団法人 乳がん予防医学推進協会 代表理事

乳がん啓発運動指導士
丸山 裕美さん

北里大学を卒業し、診療放射線技師として勤めて14年目。 今まで撮影したマンモグラフィ検査は4万件程。多くの乳がん患者と現場で出会う中、乳がん検診の普及促進と乳がんになった人の拠り所になれることを目指し、乳がん予防医学推進協会を設立。啓発のために、イベント、講師として活動中。日本乳癌検診学会所属。乳がん啓発運動指導士。ピンクリボンアドバイザー初級。ファイナンシャルプランナー。

ページ上部へ戻る